早朝高血圧とその危険性

早朝高血圧とその危険性

普段の血圧は正常値でも、朝目覚めるときには血圧が上がるものです。しかし、その血圧の上昇が急に起こって高血圧になることを早朝高血圧といいます。朝だけなら問題がないと思いがちですが、早朝高血圧にも危険が潜んでいます。

高血圧は、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすと考えられています。実はその発作が起こりやすいのが朝方なのです。ですから、早朝高血圧と心筋梗塞や脳卒中の発作に関係性があるのではと、注目されているのです。朝だけだからといって安心はできません。

早朝高血圧は、日中の血圧を治療でコントロールしている場合でも起こる場合があるようです。おきてすぐに血圧を測り、収縮期血圧135mmHg/拡張期血圧85mmHg以上だった場合、早朝高血圧かもしれないので、注意が必要です。

早朝高血圧とわかったときには、24時間血圧をコントロールするため、長い時間効果が持続する降圧薬を使う、朝と夕方、2回に分けて降圧薬を飲むなどの治療法が考えられます。普段は血圧が正常の人や、高血圧の治療を行っている人も、自分の朝起きたときの血圧を測ってみるといいかもしれません。