高血圧は塩分に含まれているナトリウムが原因

高血圧は塩分に含まれているナトリウムが原因

高血圧の原因として影響が大きいと言われているのが塩分です。塩分の摂取量が多い食生活を毎日のように続けていると、血圧の上昇に繋がります。

食塩は塩素とナトリウムから出来ているのですが、高血圧と直接関係があるのがナトリウムなのです。人間はナトリウムを摂取すると、交感神経に働きかけて血管の収縮に繋がると言われています。ナトリウムの摂取量が多ければ多いほど血管が縮まってしまい、血圧が上昇するのです。

また、ナトリウムの摂取量が多いと、血液中の細胞にナトリウムが入りこみやすくなります。血管内に入ることで更に血圧が上昇し、血管が狭くなるという特徴があります。ナトリウムは筋肉を収縮させる働きがあるのですが、血管も筋肉で出来ていることから、血圧の上昇に繋がりやすいと言えます。

だからこそ、高血圧の人はまず塩分の摂取量を控えることが大切です。