高血圧の人が塩分制限をされる理由

高血圧の人が塩分制限をされる理由

高血圧の人は塩分制限をされることがあります。なぜ塩分制限をされるのかというと、塩分の摂取が血圧の上昇に繋がるからです。

塩分の主成分はナトリウムですが、体内でナトリウムの量が増え過ぎると、体はそれを緩和するために血液の水分量を増やそうとします。血液の水分量が増えた結果、血液の量自体が増えて高血圧に繋がります。

塩分を摂取する量が多ければ多いほど、このようなトラブルが生じるのです。いくら血圧の上昇を抑える努力をしていたとしても、塩分の摂取を控えなければ、いつまでも血圧が安定しない可能性があります。血圧の上昇を抑えるために、食事療法が用いられることがあります。そこで大切なのが、塩分制限なのです。

病院で高血圧だと診断された後、どのようにして治療を行うかという説明を受けると思います。その際に食事療法を用いる必要があると判断された場合は、自分でも意識して塩分の摂取を控えるようにしましょう。