高血圧の原因で塩分以外は?

高血圧の原因で塩分以外は?

高血圧の原因として挙げられるのが塩分ですが、もちろん原因はそれだけではありません。だからこそ、毎日の食生活で塩分の摂取量を控えたとしても、絶対に血圧が安定するとは限らないのです。もし食生活を変えても血圧の変化が見られないようであれば、別の原因が考えられます。

たとえば、ストレスが挙げられます。人間はストレスを感じることは絶対にあると思いますが、ストレスを感じる機会が多ければ多いほど、交感神経が刺激されて血圧の上昇に繋がると言われているのです。ですから、いつもイライラしている、精神的に不安定な状態だと感じている人は、まずリラックスしましょう。イライラした時は深呼吸をするなどして、落ち着かせましょう。定期的に自分の好きな事を実践して、ストレス解消に繋げることも大切です。

また、運動不足から高血圧に繋がることもあります。加齢によって高血圧になる人は増えると言われますが、それは運動不足も関係しているかもしれません。高齢になると体を動かす機会が減るからこそ、余計に高血圧に繋がりやすいのです。それを防ぐためには、毎日歩くようにするなど、意識的に体を動かして運動不足を解消することが効果的です。

その他、タバコやお酒なども大きく関係しています。自分の好きなことを実践するとストレス解消になりますので、高血圧の改善に役立つこともあります。しかし、タバコやお酒は高血圧だけでなく、その他の病気に繋がることもありますので、出来るだけお酒を飲まない、禁煙をするなどの工夫をするようにしましょう。

このように、塩分以外の原因は多々考えられますので、意識して生活習慣を改善することが高血圧の改善にも繋がります。