高血圧と塩分の因果関係を知ろう

高血圧と塩分の因果関係を知ろう

高血圧と塩分の因果関係は問題視されています。たとえば、医療機関で高血圧だと診断された場合、食事療法が用いられることもありますが、必ずと言って良いほどアドバイスを受けるのが塩分についてです。

高血圧を改善するには、塩分との因果関係をきちんと知って、塩分の摂取量に気を付けることが大切です。塩分の主成分はナトリウムなのですが、過剰に摂取した場合、体は血液に含まれる塩分の濃度が上がらないように、濃度を水で薄めようとするものなのです。血液中に水分が多く存在するようになると、それだけ血液の量が増えるため、結果的に血圧の上昇に繋がるというわけです。

このようなことから、高血圧の人は塩分の摂取量を控えるように意識することが大切だと言われています。現代人は塩分を摂取しやすい食生活を送っていると言われていますが、中には塩分の摂取量に普段から気を付けている人もいるでしょう。そのような場合は、そこまで摂取量を控える必要はありません。

塩分は体にとって必要なものです。もちろん、健康のことを考えるのであれば過剰に摂取するのは良くありませんが、適度な塩分は必要ですので、全く摂取しないことが無いようにしましょう。あくまで控えるのが理想的であり、全く摂取しないと反対に健康を害する可能性も考えられます。