高血圧についてwikipediaで調べると分かる事

高血圧についてwikipediaで調べると分かる事

何かについて詳しい情報を知りたい時には、wikipediaを利用する人も多いでしょう。高血圧に関しても記載されていますので、まずは目を通してみてはいかがでしょうか。

Wikipediaを見ると分かりやすいですが、高血圧にはいくつかの種類があります。たとえば、仮面高血圧や白衣高血圧、妊娠高血圧症候群などがあります。まずは自分がどのようなタイプなのか見極めてみると良いでしょう。

妊娠中には高血圧に陥ることが多く、高血圧だけでなく尿たんぱくなどの症状が現れている場合は妊娠高血圧症候群と診断されることがあります。状態によっては胎児や母体に影響を及ぼす可能性があるため、安静が指示されたり、入院することもあります。だからこそ、妊娠した時には必ず病院で血圧や尿たんぱくなどを調べているのです。

仮面高血圧の場合は本当の高血圧とは少し異なります。病院などで血圧を測定すると正常の血圧なのにも関わらず、自宅で計測をすると高血圧になる場合を指します。ですから、いつでも高血圧の状態というわけではないのです。ストレスなどから血圧が高い状態に陥ったり、寝ている間に血圧が下がらないために自宅で計測すると血圧が高くなることがあるのです。

反対に白衣高血圧の場合は、自宅では正常血圧なのにも関わらず、医療機関で計測すると高血圧になる状態を指します。やはり医療機関で計測すると緊張してしまい、血圧が上昇しやすいのです。毎日自宅で計測しても正常なのであれば問題ありません。

このように様々な種類がありますので、まずは高血圧に関する情報を学び、原因や危険性などを理解することが大切です。