高血圧と塩分は関係ないのか?

高血圧と塩分は関係ないのか?

高血圧を改善するためには塩分の摂取を控えることが大切という話は有名だと思います。しかし、塩分とは関係ないのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。塩分を摂取しただけで血圧の上昇に繋がるのは、確かに想像がつかないかもしれません。

しかし実際には、大いに関係があることなのです。細胞内にはナトリウムとカリウムが存在しており、そのバランスが保たれているものです。しかし、塩分の主成分はナトリウムであり、ナトリウムを過剰に摂取してしまうと、そのバランスが乱れてしまいます。その結果、血圧が上昇すると言われています。

ナトリウムは体にとって必要なミネラルなのですが、多くの量を摂取すると様々なトラブルを招くものなのです。腎臓は余分なナトリウムを体外に排出する働きを持っていますが、塩分の過剰摂取によって、腎臓も正常な働きが出来なくなってしまいます。ですから、放っておくとどんどん血圧の上昇に繋がります。

それを防ぐためには、やはり意識的に塩分の摂取量を控えることが効果的です。このように、高血圧と塩分は深い関係がありますので、関係ないと思わずにきちんと対策を立てましょう。