高血圧の薬の副作用としてうつが生じる可能性があります

高血圧の薬の副作用としてうつが生じる可能性があります

高血圧の薬を服用している人も多いと思いますが、それが原因でうつが生じることもあります。

高血圧の薬は、血圧の上昇を抑える作用がありますので、高血圧の治療に用いられることが多いものです。実際に服用している方も多いでしょう。しかし、効果が期待できる分、副作用が生じることもあります。その一つがうつなのです。

高血圧の薬を服用することで、すぐにうつが生じるとは限りません。また、薬を飲んだからと言って必ずうつのような生じるわけでもありません。しかし、精神的にダメージを受けることは充分に考えられます。薬を服用しているうちに落ち込むことが多くなった、やる気がなくなったなどの自覚症状が現れることもあります。これはうつ病の始まりかもしれません。

また、ストレスから高血圧が生じることもありますが、ストレスもうつ病の大きな原因となりますので、高血圧の薬が原因では無く、ストレスなど別の要因によってうつ病が生じる可能性もあります。

大切なのは、少しでもうつの症状に気付くことです。薬の副作用によって生じているのであれば、高血圧が改善されて薬を服用する必要が無くなれば、うつの症状も解消されるかもしれません。しかし、高血圧を改善するにはある程度の時間が掛かるからこそ、うつの症状についても真剣に考える必要があるでしょう。