高血圧と抗うつ剤の関係性

高血圧と抗うつ剤の関係性

うつ病だと診断された場合は、薬を服用しながらうつ病を治療することもあります。うつ病の治療に用いられる薬を抗うつ剤と言いますが、服用することで副作用が生じる可能性もあるのです。

薬によって副作用は異なりますが、たとえば血圧の上昇に繋がることもあります。大量に汗をかいたり、心拍数が増えたりすることがありますので、血圧が上昇するのも当然だと言えるのではないでしょうか。その他にも吐き気、下痢、痙攣などのトラブルが生じることもあります。

うつ病の治療をしている方で、抗うつ剤を服用してから血圧が上昇してしまったという場合は、もしかすると薬が原因かもしれません。薬が原因の場合は、高血圧を改善するために生活習慣を改善するなどしても効果が現れないこともあります。不安なのであれば、薬を処方してもらっているかかりつけの医師に相談してみましょう。