高血圧はうつ病にも要注意

高血圧はうつ病にも要注意

高血圧の場合は、精神面でも大きな影響を受けますので、注意しなければいけません。高血圧の患者さんの中には、うつ病の症状が現れている人が非常に多いと言われています。

ある病院の調査結果によると、高血圧患者のうち、3割以上の人にうつの症状が現れていたというデータが存在します。たまたまだと感じるかもしれませんが、3割というのは非常に大きい数値なのです。それだけ高血圧と関係が深いですし、何より自覚症状が少なく、自分では気づきにくいからこそ注意が必要なのです。

なぜこのようなことが起こるのかというと、高血圧の原因とうつに関係があります。高血圧の原因は、ストレスも大きく影響しています。ストレスを抱え込むと、自律神経のバランスが崩れてしまうのですが、それが続けば精神的にも不安定な状態になり、次第にうつのような症状が現れてしまうのです。

もしうつ病を発症してしまえば、高血圧も改善しにくくなるでしょう。その場合は血圧を下げる努力をすると同時に、うつ病の治療を受ける必要もあります。うつの症状をコントロールすることが出来れば、血圧が安定するとも言われていますので、両方の治療を同時に行うのが大変だと感じた場合は、うつ病の治療から始めてみても良いと思います。

高血圧の方は、眠れない日々が続いていたり、落ち込む時が多いと感じるようであれば、うつ病に罹っている可能性もあります。まずは自分でうつの症状が現れていないか思い返してみましょう。