合併症と高血圧の関係の話

合併症と高血圧の関係の話

「動脈硬化(動脈壁にコレステロールなどの沈着、変性などが起こって弾力性が失われ、血管が硬化した状態であり、心筋梗塞・脳出血などの誘因となる)」は、「高血圧(動脈の血圧が正常範囲を超えて高くなった状態を高血圧といい、この状態が持続しているものを高血圧症と呼ぶ)」に大きく関与していますが、実は腹囲との関連性は少ないという報告がなされています。「血圧(血圧とは血流が血管壁に与える圧力のことで、心臓が収縮して血液を送り出すときに最大となり、これを最大血圧あるいは収縮期血圧といい、また心臓と大動脈の間にある大動脈弁が閉じて心臓から送り出される血液が止まったときに血圧は最小となり、これを最小血圧あるいは拡張期血圧という)」や「血糖」、「コレステロール(細胞膜の構成成分で、主に肝臓で生合成されて、副腎皮質ホルモン・ビタミンD・胆汁酸などの材料となる、動物性ステロールの代表的なもの)」と動脈硬化の相関は大変強くて、高血圧や「高血糖(血液中のぶどう糖の濃度(血糖値)が正常よりも増加している状態)」、「高脂血症」が、動脈硬化につながることが、改めて確認されたそうです。