合併症が怖い糖尿病の高血圧の話

合併症が怖い糖尿病の高血圧の話

「糖尿病(体内でぶどう糖がエネルギー源として利用されるために必要なインスリンの不足によって起こる、高血糖と糖尿とが持続的にみられる慢性の病気)」になると、「脳梗塞(脳の血管が詰まり、そこから先の血行が阻害されるために脳の機能が障害された状態)」の発症頻度が増加します。脳梗塞の発症を予防するためには、糖尿病による高血糖を改善する必要があります。また、糖尿病のコントロール状態を反映している「HbA1c」の値を、出来るだけ低下させることも重要です。それだけでなく、合併する「高血圧(動脈の血圧が正常範囲を超えて高くなった状態を高血圧といい、この状態が持続しているものを高血圧症と呼ぶ)」や「肥満」、「高脂血症(血液中の総コレステロール、中性脂肪、LADコレステロールである悪玉の値が基準値より高く、HDLコレステロールである善玉の値が基準値より低いなど、脂質の値に異常がある状態の総称)」などを、綿密にコントロールする必要があります。そして、運動不足を改善して、禁煙を徹底するなどの生活療法も行っていきましょう。