合併症が怖い閉塞性動脈硬化症の高血圧の話

合併症が怖い閉塞性動脈硬化症の高血圧の話

「高血圧症(血圧とは血流が血管壁に与える圧力のことで、心臓が収縮して血液を送り出すときに最大となり、これを最大血圧あるいは収縮期血圧といい、また心臓と大動脈の間にある大動脈弁が閉じて心臓から送り出される血液が止まったときに血圧は最小となり、これを最小血圧あるいは拡張期血圧といい、動脈の血圧が正常範囲を超えて高くなった状態を高血圧といい、この状態が持続しているものを高血圧症と呼ぶ)」は、「糖尿病」と「閉塞性動脈硬化症(虚血症状は、蒼白、冷感、しびれに始まり、間欠性跛行、安静時痛、潰瘍、壊死に至るものまで種々の程度のものがある、主として四肢の主幹動脈に粥状硬化性変化をおこし、狭窄あるいは閉塞を生じて末梢部に種々の虚血症状がみられる疾患で、ASOと略称される)」にとても大きく影響します。閉塞性動脈硬化症を引き起こす因子としては挙げられているのが、「高血糖(血液中のぶどう糖の濃度が正常よりも増加している状態)」以外に、「高血圧」、「高脂血症(血液中の総コレステロール、中性脂肪、LADコレステロールである悪玉の値が基準値より高く、HDLコレステロールである善玉の値が基準値より低いなど、脂質の値に異常がある状態の総称)」、「喫煙」などになります。