合併症が怖い妊婦の高血圧の話

合併症が怖い妊婦の高血圧の話

妊娠中高血圧になると、「妊娠高血圧症候群(母体が妊娠に伴うさまざまな生理現象に適応できないために起きると考えられている、日頃から血圧が高い、高血圧の家系、糖尿病、肥満、多胎、前回妊娠時に妊娠高血圧症候群になった、などの場合に多くみられる、妊娠20週以降から分娩後12週までに、高血圧症状あるいは高血圧に加えて尿たんぱくがみられる異常の総称)」が心配されます。妊娠高血圧症候群は、晩産化によって、近年の日本では増加傾向にあるそうです。妊娠高血圧症候群に掛かってしまうと、「脳出血(脳内の血管が破れて出血が起こった状態で、それが血腫となって脳実質を圧迫・破壊し、種々の障害をきたす)」、「胎盤早期はく離(胎盤と子宮の間に出血がおこって血腫を形成し、これが増大するとともに剥離はさらに進行し、剥離面が広がるにつれて出血量も多くなり、一部は子宮壁と卵膜の間を通って性器出血をおこす、普通は前置胎盤によるものを除き、正常な位置に胎盤がある場合である常位胎盤早期剥離をいう、胎児が娩出される前に胎盤が子宮内壁から剥離することで、異常分娩の1つ)」などの併発もあるので、注意が必要です。