高血圧予防のために必要な食事の方法

高血圧予防のために必要な食事の方法

「カリウム(単体は銀白色の軟らかい金属で、水より軽く、化学的性質はナトリウムに似るが、より活性があり、水と反応して水素を発生し、紫色の炎を上げて燃える、アルカリ金属元素の1つ)」は、いくら高血圧を下げる効果があるといっても、腎臓が悪い人には摂取のし過ぎは厳禁なので、よく注意して下さい。さらに、油を主に動物性脂肪に多い「飽和脂肪酸(酢酸・パルミチン酸・ステアリン酸など、炭素間の結合に二重結合を含まない脂肪酸)」から、主に植物性脂肪・魚の脂に多い「オメガ3脂肪酸(油の仲間であり、必須の栄養で脳やDHA、EPA、細胞膜や体内のホルモンなどの原料であり、アレルギー対策やダイエット、スキンケア、年齢アンチエイジングに役立つ)」を多く摂取出来る食事をお勧めします。体内の「コレステロール(細胞膜の構成成分で、主に肝臓で生合成される、副腎皮質ホルモン・ビタミンD・胆汁酸などの材料となり、血管壁に多量に沈着すると動脈硬化の要因となる、動物性ステロールの代表的なもの)」を下げる働きをしているのは、オメガ3脂肪酸などの不飽和脂肪酸を多く含んだ食品なのです。