高血圧予防の際に気を付ける事項

高血圧予防の際に気を付ける事項

「高血圧症(血圧とは血流が血管壁に与える圧力のことで、心臓が収縮して血液を送り出すときに最大となり、これを最大血圧あるいは収縮期血圧といい、また心臓と大動脈の間にある大動脈弁が閉じて心臓から送り出される血液が止まったときに血圧は最小となり、これを最小血圧あるいは拡張期血圧といい、動脈の血圧が正常範囲を超えて高くなった状態を高血圧といい、この状態が持続しているものを高血圧症と呼ぶ)」を予防するために、気を付けることの1つに「煙草(タバコの葉を乾燥・加工したものであり、火をつけて吸煙する嗜好品)」を控えることが挙げられます。煙草は、急激に血管を収縮させてしまって、血液の流れを悪くしてしまいます。食事などにおける少しの生活習慣の改善が、高血圧対策と予防に役立つことを覚えておきましょう。高血圧を予防するためにはまた、定期的な検査をお勧めします。なぜなら、高血圧を放置していると、様々な病気にかかるリスクが上がるからです。