高血圧には数値での基準があります

高血圧には数値での基準があります

「高血圧」とは、血圧が高いという、病気ではない「症状」の1つになります。たまたま1度測った血圧が高いというだけでは、「高血圧症(血圧とは血流が血管壁に与える圧力のことで、心臓が収縮して血液を送り出すときに最大となり、これを最大血圧あるいは収縮期血圧といい、また心臓と大動脈の間にある大動脈弁が閉じて心臓から送り出される血液が止まったときに血圧は最小となり、これを最小血圧あるいは拡張期血圧といい、動脈の血圧が正常範囲を超えて高くなった状態を高血圧といい、この状態が持続しているものを高血圧症と呼ぶ)」とは言い切れません。よって、高血圧には数値での基準が存在するのです。具体的には、最大血圧が135~140mmHg以上、あるいは、最小血圧が90mmHg以上の場合には、治療が必要だと考えられています。最大か最小の、どちらか一方だけが高めの場合もまた、高血圧に該当します。特に注意するべきものとしては、最小血圧が高い高血圧の場合になります。