高血圧症とは

高血圧症とは

よく、耳にする「高血圧」ですが、いったいどんな病気かみなさん、ご存じですか?高血圧は、自覚症状がない、恐ろしい病気だと言われています。厚生労働省によると、50歳代では2人に1人、60歳代では3人に2人、70歳代になると4人に3人が高血圧症であると言われています。高血圧は、遺伝でなるという解明はされていませんが、高血圧になりやすい体質は遺伝すると言われています。原因としては、いくつか挙げあられています。まず、食事です。食事で塩分のとり過ぎの人は要注意です。そして、運動不足、肥満体質、加齢、ストレス、季節の変わり目に高血圧症の症状が見られます。高血圧は、自覚症状がないと冒頭で言ったとおり、自覚症状が出てきたときは、心臓や動脈に何らかの症状が出てきた時になりますのです。では、どのように予防するとよいか。それは、食事、運動、ストレスフリーが1番ですが、毎日同じ時間帯に血圧を測ることです。病院でも血圧を測りますが、違う場所での緊張からか上昇するケースがあるのです。自宅で測る血圧が正常値だといえるでしょう。そして、病院などで検査を定期的に受けることです。ちょっとしたことで高血圧症は防げますので、まずは日常生活から見直してみるのがいいでしょう。