肥満傾向にあると高血圧になるのか?

肥満傾向にあると高血圧になるのか?

「肥満」という状態だけでなく、加えて「高血圧」の人は、体重を適正体重にすることによって、「血圧」や「高脂血症」、「高尿酸(無味無臭の白色の結晶で、水にごくわずか溶ける、有機酸の1つ)値」、「血糖値」などもまた、適正値に近づける可能性が高いと考えられています。肥満には、タイプが存在します。「皮下脂肪(皮下組織の膠原繊維に多量の脂肪細胞が集まっているもの)型肥満」よりも、「内臓脂肪(体脂肪のうち、内臓の周囲に付いた脂肪)型肥満」の方が、血圧の上昇と関連が深いとされており、このタイプの肥満者が減量をすると、血圧も一緒に下がっていくという報告があります。肥満の程度を判定する指標としては、「BMI(ボディ・マス・インデックス、体格指数)」が利用されています。BMIは体重を身長の2乗で割った数値であり、これが25以上になると、肥満だと言われています。また、ウエスト周りが男性の場合85センチ、女性の場合90センチ以上は内臓脂肪型肥満が疑われます。これは、「メタボリックシンドローム(内臓の周囲に脂肪がたまり、それに加えて高血糖・高血圧・高脂血・高コレステロールの症状の、いくつかを複数併せもつ状態)」とも関係してくるため、気を付けるようにしましょう。