アルコールで高血圧になるのは理由がある

アルコールで高血圧になるのは理由がある

なぜ、「アルコール(日本酒・ビール・ワイン・ウイスキーなどの、製造法では発酵酒・蒸留酒・混成酒の3種に分けられる、アルコールを含む飲み物)」の摂取によって高血圧に陥ることがあるのでしょうか。アルコールを摂取することによって、血管の収縮反応が高まって、心臓の鼓動を速めます。そして交感神経の活動が失われるのですが、この時に、「腎臓(脊椎動物の泌尿器官)」から、「マグネシウム(単体は銀白色で軽く、展延性に富む金属で、リボン状・粉末状にしたものは閃光を発して燃える、金属元素の1つ)」や「カルシウム(単体は銀白色の軟らかい金属で、酸や温水とは激しく反応して水素を発生する、アルカリ土類金属元素の1つ)」も一緒に失われていることも、主とした理由だと考えられています。また、アルコールに含まれている「カロリー(熱量の単位)」によって、体重が増えることがあります。これは、肥満になります。そして、酒の肴にと、塩分が多いものを過剰に摂ってしまうこともまた、大ききく関係しているのです。高血圧症の人が、1日に摂取出来るアルコール量は、ビールなら大びん1本、焼酎ならお湯割り1杯となっているので、注意が必要です。