喫煙習慣は高血圧になりやすい?

喫煙習慣は高血圧になりやすい?

喫煙は長期的に見ると、「動脈硬化(動脈壁にコレステロールなどの沈着、変性などが起こって弾力性が失われ、血管が硬化した状態)」を進行させるので、「狭心症(心臓部の締めつけられるような一過性の痛みを主症状とする病気)」や「心筋梗塞(心臓の冠状動脈の、血栓などによる閉塞、急激な血流の減少により、酸素と栄養の供給が止まり、心筋が壊死した病態)」のリスクを高めてしまうのです。だからこそ喫煙は、百害あっても一利なしと言われています。禁煙すれば、その時から状態は改善します。しかしながらも、禁煙した方がよいと分かっていても、ニコチンや一酸化炭素の依存性によって、なかなか実行が出来ないものです。ニコチンには、習慣性も含まれているのです。多くの人の場合、習慣性喫煙なことから、強い意志さえあれば禁煙出来ると言われています。さらに、ニコチン依存症の人の場合、禁煙成功率を高めるニコチンガムやニコチンパッチを利用するとよいと言われています。喫煙は本人だけの問題ではありません。受動禁煙による家族や周囲の人への被害も、よく考えるべきでしょう。