ストレスで高血圧になる人とならない人の違い

ストレスで高血圧になる人とならない人の違い

同じ程度の「ストレス(寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応)」にさらされているにも関わらず、「高血圧(一般に、最大血圧150ミリメートル水銀柱、最小血圧100ミリメートル水銀柱以上をいう、血圧が持続的に異常に高くなっている状態)」になりやすい人となりにくい人が存在します。これは、ストレスに対する反応(ある働きかけに応じて起こる物事の動き)性の違いという、ストレス耐性(環境の変化に対して適応していく生物の能力)の相違からきています。このような状態を回避するためには、運動や趣味など、自分なりのストレス解消法を身につけて、ストレスをため込まないようにすることが大事になってきます。しかしながらも、ストレス解消のためだからといって、過度の「アルコール(日本酒・ビール・ワイン・ウイスキーなど、アルコールを含む飲み物)」や、飲食(過食)にそれを求めることは、出来るだけしないで下さい。