高血圧症の合併症において注意すること

高血圧症の合併症において注意すること

虚血性心疾患の危険因子は、実は「高血圧症(血圧が持続的に異常に高くなっている状態)」だけでに留まりません。その他としては、「高脂血症(血液中の総コレステロール、中性脂肪、LHDコレステロールである悪玉の値が基準値より高く、HDLコレステロールである善玉の値が基準値より低いなど、脂質の値に異常がある状態の総称)」、特に「高コレステロール血症(体内でのコレステロール合成・代謝異常、コレステロールを多く含む食品の摂り過ぎなどが原因とされる、血液中の総コレステロール値が高くなる脂質異常症)」、「喫煙」、「肥満(一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況)」、「糖尿病(体内でぶどう糖がエネルギー源として利用されるために必要なインスリンの不足によって起こる、高血糖と糖尿とが持続的にみられる慢性の病気)」、「高尿酸血症(尿酸の合成増加や腎臓での尿酸排泄低下により、血液中の尿酸が異常増加すること)」などが明らかにされています。