高血圧症の合併症

高血圧症の合併症

高血圧症の合併症に、「虚血性心疾患(冠状動脈に狭窄・閉塞が生じ、心筋への血流・酸素供給が阻害されることによって起こる、心疾患の総称)」が挙げられます。虚血性心疾患とは、心筋の虚血によって生じる症候群のことです。「狭心症(心臓部の締めつけられるような一過性の痛みを主症状とする病気)」と「心筋梗塞(心臓の冠状動脈の、血栓などによる閉塞、急激な血流の減少により、酸素と栄養の供給が止まり、心筋が壊死した病態)」、さらに「無症候性(自覚症状がないという意味)心筋虚血」という種類があります。虚血性心疾患の病態は、冠動脈のじゅく状硬化(動脈壁に粥状の塊ができて内腔が狭くなる状態)であり、血管の器質的狭窄(すぼまって狭いこと)、血栓形成、またはれん縮(1回の刺激により筋肉が1回だけ収縮してもとに戻ること)によって、心筋への血流不全をきたすことによるものだと考えられています。虚血性心疾患の危険因子としては、大規模な疫学的研究によって、「高血圧症(血圧が持続的に異常に高くなっている状態)」が挙げられているのです。