高血圧症の経過と留意点

高血圧症の経過と留意点

「血圧(ふつう上腕部で測る、血液が動脈血管内を流れているときに示す圧力)」に限っても、「脳卒中(脳動脈の障害により急激に意識を失って倒れ、運動・言語などの障害が現れる疾患の総称)」による死亡者は、その半数以上が、軽症の高血圧例に起こっていたとする報告が多くあります。さらに、男性の場合、「収縮期血圧」が10mmHg上がると、「狭心症(心臓部の締めつけられるような一過性の痛みを主症状とする病気)」や「心筋梗塞(心臓の冠状動脈の、血栓などによる閉塞、急激な血流の減少により、酸素と栄養の供給が止まり、心筋が壊死した病態)」にかかったり、死亡に至る危険が、約15%増加するとされています。生活習慣病検診などにおいて、血圧の異常を指摘されても、自覚症状がないことを理由に放置している人が、非常に多いと考えられています。そして、降圧薬治療を受けている約半数が、降圧不充分と推定されており、より適切な治療が必要だとされているのです。高血圧によって臓器障害を発症した場合、予後不良となることも少なくありません。だからこそ、血圧を適切に管理することが、臓器障害を予防する上で、いかに重要であるかを、しっかりと認識しておきましょう。