高血圧症における注意点

高血圧症における注意点

高血圧症は、「動脈硬化(心筋梗塞・脳出血などの誘因となる、動脈壁にコレステロールなどの沈着、変性などが起こって弾力性が失われ、血管が硬化した状態)」の主な原因となってしまいます。さらに、高血圧に加えて、「高脂血症(血液中の総コレステロール、中性脂肪、LHDコレステロールである悪玉の値が基準値より高く、HDLコレステロールである善玉の値が基準値より低いなど、脂質の値に異常がある状態の総称)」、「糖代謝異常(糖尿病、または糖尿病にまではいかないが、血糖がやや高めである状態)」、「肥満(一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況)」の合併は、動脈硬化による病気を、相乗的に増加させることが多いと、研究結果より明らかになっています。このことは医学的にも、また社会的にも、重要な問題となっているのです。さらに怖いことは、これらの多くが軽症であっても、致死的な病気へと進展する可能性が高いことです。