仮面高血圧という高血圧症の注意点

仮面高血圧という高血圧症の注意点

睡眠中においての血圧が、下降しないで、高いまま早朝までその状態が持続するという「ノン・デイッパー(血圧日内変動のリズムが狂っていて、夜間に血圧が低くならない)」と呼ばれる人たちがいます。これは、高血圧の指摘を受けたことがない、未治療の人で認められる場合が多いです。ノン・デイッパーは、「睡眠時無呼吸症候群(本人は、夜中に目覚めたことに気づいていない、眠っている時に数秒~数十秒呼吸が止まり、息苦しくなって目覚めることを一晩に数回、繰り返す病気)」の人に多いと言われています。仮面高血圧は、正常血圧に比べて、約3倍も「脳卒中(脳動脈の障害により急激に意識を失って倒れ、運動・言語などの障害が現れる疾患の総称)」や「心筋梗塞(激しい狭心痛、ショック状態などが起こる、心臓の冠状動脈の、血栓などによる閉塞、急激な血流の減少により、酸素と栄養の供給が止まり、心筋が壊死した病態)」になりやすいとの報告も挙げられているので、注意が必要です。