高血圧症の種類「仮面高血圧」

高血圧症の種類「仮面高血圧」

高血圧症における種類の1つ、「仮面高血圧(かめんこうけつあつ)」は、診察室での医師に測定してもらった血圧値は正常血圧であるのに対して、家庭や職場で、自分で測定した血圧値が高血圧となる場合のことを指します。診察室や病院では、きちんと血圧が正常になることから、本当の高血圧が隠れるという意味で、仮面をかぶった高血圧として、仮面高血圧と名付けられました。英語では、マスクをかぶった高血圧と表記します。これは、「白衣高血圧(病院の診察室などにおいては、普段よりも高い血圧が計測される現象)」とは正反対の状態に当たります。仮面高血圧は、高血圧の指摘を受けたことがない、未治療の人で認められる場合と、高血圧治療を受けているにも関わらず、降圧薬の持続が短いために起こる場合とが挙げられます。前者では、職場でストレスの多い中で、高血圧となっていても、健康診断ではストレスから解放されて、正常血圧となるという職場高血圧がこれに当たります。