高血圧症を知る

高血圧症を知る

血管の壁はしなやかであり、さらに弾力性を伴います。高い圧力が、長い間血管にかかると、これに対抗するために、血管の壁が徐々に厚くなってくるのです。しなやかさや弾力性は、これによって失われ、血管が硬くなってしまうのです。この中には、血管の一部分が狭くなってきてしまうこともあります。これを「動脈硬化(心筋梗塞・脳出血などの誘因となる、動脈壁にコレステロールなどの沈着、変性などが起こって弾力性が失われ、血管が硬化した状態)」と言います。動脈硬化症を患ってしまうと、さらに血圧が上昇していくという、悪循環に陥ってしまうのです。これによって、血液を送り出している心臓にも、同時に負担をかけてしまうことになります。ちなみに動脈硬化の種類には、アテローム性粥状動脈硬化、細動脈硬化、中膜硬化などのタイプが存在します。近年においては、動脈硬化症の原因と考えられている脂質異常症や、何らかの危険因子が基盤で集積した状態であるメタボリックシンドロームについての研究が多く行われています。