豆腐入り鉢蒸しレシピを使って高血圧を解消

豆腐入り鉢蒸しレシピを使って高血圧を解消

豆腐入り鉢蒸しレシピにおいて、無理なく出来る、「高血圧(血圧が持続的に異常に高くなっている状態であり、一般的に、最大血圧が150ミリメートル水銀柱、最小血圧100ミリメートル水銀柱以上をいう)」の人のための食事の工夫、そのポイントとしては、エビや干しシイタケなど旨味を活かすことによって、薄塩でも美味しく食べられることです。豆腐入り鉢蒸しのレシピは、材料が2人分の場合、「豆腐」1/2丁、「卵」2個、「芝エビ」4尾、「干しシイタケ」1枚、「みつば」少々、「酒」と「塩」それぞれ少々、「鶏ひき肉」100gになります。また、調味料として用意が必要なのは、「だし(鰹節などを煮出して作る、うまみのある汁)汁」2カップ、「塩」少々、「しょうゆ」と「酒」それぞれ小さじ1です。さらに、とろみあん(くず粉やかたくり粉を加えてとろみをつけた汁)として、「だし汁」1/2カップ、「塩」少々、「しょうゆ」・「片栗粉」・「しょうが汁」それぞれ小さじ1/2を使用します。