高血圧を解消させるシイタケと豆腐のスープレシピ

高血圧を解消させるシイタケと豆腐のスープレシピ

血圧が持続的に異常に高くなっている状態である「高血圧(一般的に、最大血圧が150ミリメートル水銀柱、最小血圧100ミリメートル水銀柱以上をいう)」の人の場合、食事において、「塩分(物の中に含まれている食塩の量)」を減らすことが最も重要になってきます。しかしながらも、味のアクセントとなる塩分が少ないことによって、食事に物足りなさを感じてしまう可能性があります。実は、その物足りなさである味の面を補うために、干しシイタケ(春・秋に、クヌギ・シイ・クリ・ナラなどの広葉樹の枯れ木や切り株に生える、傘は黒褐色か茶褐色のキシメジ科のキノコ)の旨味を利用するわけです。シイタケと豆腐のスープは、さっぱりとしていながらも、干しシイタケの旨味が存分に引き出されており、美味しく食べれる工夫がされているのです。無理なく出来る高血圧の人のための食事の工夫、そのポイントとしては、塩分は控えめにするということと、物足りないと感じる部分を食品の旨味によって補うということです。