豆腐のディップのレシピを使って高血圧を解消

豆腐のディップのレシピを使って高血圧を解消

「豆腐(水に浸した大豆を砕いて煮た汁を布でこして豆乳を作り、にがりなどを加えて固まらせたもの)」には、「ナトリウム(水と激しく反応して水素を発生する、単体は銀白色の軟らかい金属で、水よりも軽い、アルカリ金属元素の1つ)」の排出を促して、血圧を安定させる「カリウム(化学的性質はナトリウムに似るが、より活性があり、水と反応して水素を発生し、紫色の炎を上げて燃える、単体は銀白色の軟らかい金属で、水より軽い、アルカリ金属元素の1つ)」が豊富に含まれているのが特徴です。さらに、豆腐の「カルシウム(酸や温水とは激しく反応して水素を発生する、単体は銀白色の軟らかい金属であるアルカリ土類金属元素の1つ)」にも、血圧を低下させる働きがあるのです。和洋中の様々な形の中で、豆腐や豆製品は、毎日食卓に取り入れるようにしましょう。無理なく出来る高血圧の人のための食事の工夫のポイントとしては、カロリー(熱量の単位)を抑えて減量をすることと、豆・豆製品を工夫して毎日取り入れることです。