高血圧の薬をやめるには?

高血圧の薬をやめるには?

高血圧の薬というのは、ある程度の期間飲み続ける必要があると言われています。では、いつになれば飲むのをやめることができるのかと言うと、それは高血圧が改善された時です。

降圧剤を服用することによって血圧の上昇を抑えることはできます。血圧が安定したからと言って、自分で勝手に服用をやめてしまうと、再び血圧が上昇してしまう可能性があるのです。薬の服用をやめることができるのは、薬を使わなくても血圧が安定したと判断された場合です。その判断はもちろん医師が行いますので、医師から指示が無い限り飲み続ける必要があります。

降圧剤を服用し続けていると、血圧が安定しているように思えるようですが、それは間違いです。血圧を安定させるためには食生活を改善したり、その他の生活習慣を見直すなど、自分なりに努力をしなければなりません。努力なしに薬の力だけで改善するのは難しいですから、まずはそのような努力を続け、徐々に薬の量などを減らして、大丈夫だと判断された時点で医師の指示の元、服用を中止するようにしましょう。

少しでも早く高血圧の薬をやめることを希望する人は多いでしょう。しかし、高血圧はそう簡単に改善されるものではないからこそ、ある程度飲み続けることを覚悟した上で真剣に治療を続けることが大切です。