高血圧治療薬であるノルバスクの特徴

高血圧治療薬であるノルバスクの特徴

高血圧治療薬はたくさんある中でノルバスクの場合は持続性があることで有名です。だからこそ、11回の服用で良いという特徴があるのです。副作用が生じる可能性もあるのですが、副作用が現れる可能性は1%以下とも言われていますので、そこまで心配する必要も無いでしょう。

1993年から日本で発売されていますので、有名な高血圧治療薬になります。全国各地で幅広く処方されていますので、安心して利用できるというメリットがあります。6歳以上の小児であっても服用することができると言われていますので、万が一小児が高血圧になったとしても薬を処方してもらうことができるでしょう。

カルシウムが細胞内に侵入することによって筋肉が収縮し、血圧が上昇してしまうものなのです。カルシウムが細胞内に移動するのを抑制する効果があることから、高血圧の治療に有効だと言われています。狭心症の予防にも利用されますので、狭心症の心配がある人にも向いている薬です。