高血圧の薬であるノルバスクの副作用

高血圧の薬であるノルバスクの副作用

高血圧の治療に使われる薬としてノルバスクがありますが、ノルバスクというのはほてり、めまい、頭痛、動悸などの副作用が生じる可能性があると言われています。このような症状であればまだ軽い方ですので、そこまで気にする人も少ないでしょう。必ず副作用が現れるわけでもありませんので、様子を見ることが大切です。

しかし、中には重大な副作用が生じる可能性もあります。たとえば、肝機能障害を起こす、血小板や白血球が減少する、心臓に関するトラブルなどが起こることもありますので、もし自分で辛いと思える症状が現れた場合は、早い段階で医療機関に足を運ぶようにしましょう。

その他にも色々な副作用があると言われている薬ですので、自分に合わないと感じた場合にも相談してみてください。我慢をしながら治療を続けたとしても、副作用が悪化する可能性もあります。どのような薬にも副作用がありますので、多少の症状ならば我慢することも大切かもしれません。しかし、自分で判断が難しいようであれば、必ず医師に相談をして対応してもらいましょう。