高血圧の薬であるノルバスクについて

高血圧の薬であるノルバスクについて

ノルバスクは高血圧の治療薬として利用されます。ノルバスクは血管を広げる作用があるため、血管が広がることによって血液が流れやすくなり、血圧が下がるという仕組みになります。高血圧の方は血管が収縮するため、血圧が上昇するのです。それを抑える作用がありますので、高血圧治療薬として利用されています。

ノルバスクの主成分はアムロジピンペシル酸塩です。カルシウム拮抗薬の1つであり、年齢などは関係無く、幅広い年代の方に利用されています。血糖などに影響しないという特徴もあります。副作用が全くないというわけではありませんが、他の薬に比べると副作用も少なめですので利用する人も多いようです。高血圧だけでなく狭心症の治療に用いられることもあります。また、ジェネリック医薬品もありますので、安く購入したいという場合はジェネリック医薬品を利用してみるのも良いでしょう。