高血圧治療薬とグレープフルーツの相性

高血圧治療薬とグレープフルーツの相性

高血圧の方は自宅で改善したいと思うこともあるでしょう。自宅で改善する場合は薬などを飲む方法では無く、血圧の上昇に繋がる要因を取り除く方法を用いることが多いと思います。しかし、健康診断で高血圧だと診断された場合は病院を受診しなくてはならない可能性もあります。病院での治療法はいくつかありますが、治療薬を処方された場合は飲み合わせに注意しなければならないものもあるのです。

高血圧治療薬の中にはグレープフルーツとの相性が悪いものもあります。カルシウム拮抗薬、トリアゾラム、シクロスポリン、テルフェナジンなどの薬を服用した場合は、グレープフルーツとの相性が悪く、人によっては重篤な症状を引き起こす可能性もあります。これは個人差があるわけではなく、グレープフルーツの成分によるものですから、誰でも摂取することによって起こり得ることなのです。ですから自分は大丈夫という考えはいけません。

一緒に服用するのはもちろん、1日のうちに別々の時間帯に食べたとしても症状を引き起こす可能性があると言われるほど、非常に危険なものだとされています。ですから高血圧治療薬によって治療を行う場合は注意しましょう。