高血圧のめまいに含まれる危険性1

高血圧のめまいに含まれる危険性1

高血圧の自覚しえる症状の中には、「鼻血(鼻からの出血)」、「頭痛(頭が痛むこと)」、「めまい(回転・昇降・傾斜などを感じるものは平衡感覚の異常により、立ちくらみのものは血行障害により起こる)」などが挙げられます。めまいは、一般的に目が回ることや、目が眩むことを指します。頭痛と同じくして、日常においては度々起こるものに含まれるでしょう。そもそも高血圧は、自覚症状がないといっても過言ではありません。そこで高血圧の症状として知られるようになったのが、「合併症(1つの病気にかかっている時に、それと関連して起こる別の病症)」の前ぶれとして発現する症状になるわけです。高血圧自体は、実は病気ではありません。高血圧の合併症が恐ろしいことから、その症状に注目が集まるようになりました。高血圧においてのめまいは、主として脳関連の病気からくるものだと考えられています。具体的には、「脳卒中(脳動脈の障害により急激に意識を失って倒れ、運動・言語などの障害が現れる疾患の総称)」や「脳出血(脳内の血管が破れて出血が起こった状態)」になります。