高血圧の薬には副作用があるので注意が必要

高血圧の薬には副作用があるので注意が必要

高血圧の薬を服用する際は副作用が生じる可能性があることを把握しておくことが大切です。どのような副作用が現れるのか、副作用が強いのかといったことは薬の種類によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。高血圧の薬は病院で処方してもらうことになりますが、その際にただ薬を処方してもらえたからといって安心するのではなく、もし医師からの説明が不十分なようであれば、自分から聞くことも大切です。

高血圧の薬の副作用としては、ほてり、頭痛、むくみ、便秘、頭痛、吐き気などが挙げられます。症状の現れ方は体質によっても異なりますが、たとえばけいれんなどが現れることもありますので、もしそのような副作用が現れた場合は、すぐに病院を受診した方が良いでしょう。たとえ薬によるものだからと言っても、体質に合う、合わないがありますので、できるだけ自分に合った薬を探し、継続して飲み続けることが安全に血圧を下げるためには必要です。