高血圧の症状である頭痛と肩こりの関係

高血圧の症状である頭痛と肩こりの関係

高血圧の症状として鵜一般的なのが頭痛や肩こりです。高血圧の中でも血圧が高い人の場合は頭痛などの症状が現れることが多いのです。高血圧に関する治療を行うことによって頭痛が緩和される可能性はありますが、そのまま放置すると様々な症状が現れることが多くなるのです。

なぜ高血圧によって頭痛が起こるのかというと、血圧が上昇することによって脳の血管が拡張し、その周囲の神経が圧迫されることが原因だと言われています。ですから、血圧が下がれば、症状が治まる可能性があるというわけです。

一方肩こりですが、高血圧になると体に必要な血液の流れが妨げられるため、酸素が不足するために肩こりが生じると言われています。ですから、慢性的な肩こりがある人は、症状を緩和するためにも、きちんと血圧を下げることが大切です。

このような理由から、頭痛や肩こりは同時に起こりやすいのです。また、合併症の症状として頭痛などが起こることもありますので、いずれにしても高血圧は早めに対処しましょう。