高血圧によって起こる頭痛と吐き気は危険?

高血圧によって起こる頭痛と吐き気は危険?

高血圧から、頭痛や吐き気で悩まされることもあります。高血圧というのは様々な症状を引き起こすため、非常に危険なのです。ただの高血圧という可能性もありますが、場合によっては高血圧性脳症などの病気である可能性もあるのです。これは、高血圧の人が成り得る病気であり、頭痛や吐き気の他、嘔吐、手足のけいれん、そして視力障害などの症状が起こると言われています。頭痛や吐き気以外にも、けいれんなどが気になる場合は

高血圧性脳症の可能性がありますので、早めに治療をすることが大切です。

高血圧性脳症だと診断された場合はどうするのかというと、降圧剤を利用して、まずは血圧を下げます。高血圧は様々な合併症にも繋がるため、脳出血やくも膜下出血ではないことを確認する必要もあります。CT検査によって分かりますので、最初はある程度の検査をする必要があります。

辛いかもしれませんが、少しでも早く気づいて治療をしなければ、命に関わる場合もあるのです。まずは血圧を下げることを優先し、合併症があるようであれば、適切な治療を受けましょう。