高血圧とはどのような状態?

高血圧とはどのような状態?

血圧が高い、血圧が低いというのは、自分では判断しづらいとは思います。高血圧かどうかは、血圧を測定した時の数値によって判断することができます。日本高血圧学会において、高血圧治療ガイドラインというものが定められていますが、収縮期血圧が140mmHg以上、又は拡張期血圧が90mmHg以上の場合を高血圧と言うのです。

血管の中を血液が流れていますが、血管に対して何らかの理由によって強い圧力が掛かってしまうと、血液の流れが妨げられて血圧が高くなってしまうのです。つまり、血管に圧力が掛かっている原因を取り除くことができれば、高血圧を改善することができるというわけです。

血圧には、最高血圧若しくは収縮期血圧と最低血圧若しくは拡張期血圧というものがあります。心臓が収縮した時に全身に血液が送り出されていますが、その時にかかる圧力のことを最高血圧、反対に心臓が広がって血液を取り込む時にかかる圧力のことを最低血圧と言います。先ほども述べましたが、最高血圧と最低血圧のどちらか一方だけでも血圧が高い場合は高血圧ということになりますので、注意しなければなりません。

まずは高血圧とはどのようなものかを把握した上で、自分の血圧を測定することが大切です。