高血圧の自覚症状

高血圧の自覚症状

高血圧の症状にはどのようなものがあるのかご存知でしょうか。高血圧は血圧が高い状態ですから、特に症状は無いと思うかもしれません。確かに、高血圧かどうかは血圧を測定することによって分かります。自宅に血圧計などがあれば手軽に知ることができるでしょうが、若い方は特に、自宅に血圧計なども無いことでしょう。そうすると、普段血圧を測定することも無いため、高血圧であることに気付きにくいと言われています。

そのような時に覚えておくと便利なのが高血圧の自覚症状です。自覚症状はいくつかありますので、もし自分にも当てはまるようであれば、一度きちんと血圧を測定して確かめた方が良いでしょう。

自覚症状としては、頭痛・息切れ・動悸・むくみ・吐き気・汗をかく・肩こりなどが挙げられます。特に頭痛や肩こりだけではすぐに高血圧だとは気付かないとは思いますが、あまりにも症状が続くようであれば高血圧から起こっている可能性も考えられます。また、1つだけでなく、複数の症状で悩まされている場合も高血圧の可能性がありますので注意しましょう。

高血圧の自覚症状の現れ方は人によって異なります。しかし、何かしらの症状が現れるものだということだけでも把握しておくと、今後きっと役立つことでしょう。自分に現れた時だけでなく、周囲の人がそのような症状で悩んでいる時に、高血圧の可能性があることを伝えることもできます。