高血圧を招く可能性のあるNSAID

高血圧を招く可能性のあるNSAID

高血圧は薬の作用によって起こる場合もあります。NSAIDは非ステロイド性抗炎症薬です。この他にも、エリスロポエチンやグルココルチコイドなどは服用することによって血圧が上昇してしまうと言われています。また、降圧剤とこれらの薬を服用することにより、降圧剤の作用を弱らせてしまうこともあるのです。

高血圧の方は、高血圧だけを発症するだけでなく、その他の病気を抱えている人もいるでしょう。そうなると複数の病院に通って薬を処方される場合もあるでしょう。そうすると、高血圧以外の病気の治療に使われている薬によって、自然と高血圧を招く恐れもあるのです。その点をきちんと把握した上で治療を受けることが大切です。

高血圧の治療を受けているのであれば、高血圧の薬を服用していることをきちんと伝えた上で別の医療機関を受診するようにしましょう。せっかく治療をしていても、効果が発揮されなければ意味がありませんし、それによって副作用が現れる可能性もあります。降圧剤を服用しているだけでも副作用が現れる可能性がありますので、薬を併用する場合は特に注意が必要です。