高血圧治療ガイドライン2009年版

高血圧治療ガイドライン2009年版

高血圧の患者は増え続けていると言われていますが、それにあたって高血圧の研究も進んでいるのです。特に高血圧の治療に関しては力が入れられていますので、どんどん新しい治療薬や治療方法も確立されていくのではないでしょうか。

高血圧治療ガイドラインというものもありますが、2009年版という形で、何度か変更された箇所があるのです。どこから高血圧と判断するのか、そのリスクについて、治療法について…色々と見直しをする必要が出てくる場合もあるのです。だからこそ、今は2009年版という形が主流となっているのです。つまり、今後も見直されれば、新しいガイドラインが発表される可能性があるというわけです。

実際に高血圧になった人でなければ分からないことも多いと思います。高血圧になった場合はガイドラインを参考にすることも多いでしょうが、その際にもっとこうして欲しいなどの要望も出てくることでしょう。そのような意見も参考にしながらガイドラインを見直すこともあるのです。

なるべく多くの人が参考にしやすいように、正確な情報を掲載しなくてはなりません。高血圧の方も、そうでない方も、一度高血圧治療ガイドラインに目を通してみてはいかがでしょうか。