まだまだある高血圧の自覚症状1

まだまだある高血圧の自覚症状1

高血圧の自覚症状はほとんどないとはいえ、明らかになっているものがいくつか存在します。まずは、「胸の痛み」によるものです。胸の痛みが起こる理由として、高血圧と「動脈硬化(動脈壁にコレステロールなどの沈着、変性などが起こって弾力性が失われて、血管が硬化した状態)」が進むことによって、「狭心症(冠状動脈の硬化・痙攣などが原因で血流が一時的に減少し、心筋への酸素供給が不足するために起こる心臓部の締めつけられるような一過性の痛みを主症状とした病気)」になってしまうことが挙げられます。この胸の痛みをそのままにしておくと、「心筋梗塞(心臓の冠状動脈の、血栓などによる閉塞、急激な血流の減少によって、酸素と栄養の供給が止まり、心筋が壊死した病態)」になる可能性が高くなってしまうのです。だからこそ、胸の痛みを感じたら、早急に専門の医療機関を受診して下さい。また、胸は心臓に非常に近い所であることから、激しい痛みを感じることによって、命を脅かす可能性が大きいとされています。高血圧の自覚症状の中でも、胸の痛みには特に注意が必要です。