若いのに高血圧になる?

若いのに高血圧になる?

高血圧というと、年配の人というイメージがあるかもしれませんが、若い人でも高血圧になることは少なくありません。生活習慣が原因で高血圧になることもありますが、若い人でも乱れた日常生活を送っていると血圧が高くなってしまう場合があるのです。ですから、若いからと言って安心せず、たとえば健康診断などで高血圧だと診断された場合は、早めにきちんと対処することをおすすめします。

遺伝によって高血圧になることもありますので、あまりにも若い時から高血圧の場合には遺伝かもしれません。たとえば大学生になると、およそ10%は高血圧であるというデータもありますので、もし自分が高血圧であったとしても不思議ではありません。

高血圧はたとえ若くても放っておくと合併症を引き起こす可能性があります。見逃しがちだからこそ、自分できちんと気づいてなるべく血圧を下げる努力をしてみましょう。もし必要があれば、病院に治療に通う方法でも良いと思います。