血圧を下げる薬でめまい?

血圧を下げる薬でめまい?

高血圧の自覚症状として挙げられるのが、「めまい」です。しかしながらも、別の理由が原因で生じるめまいが存在することをご存知でしょうか。そのようなめまいのことを、「食後低血圧」と呼んでいます。日常的に「降圧薬」などを服用している高血圧の人が、食事によって体内臓器の血圧のバランスを崩してしまうと、血圧調整が上手に行えなくなるのです。これは結果的に、低血圧を招きます。そしてこの低血圧の状態で、めまいが引き起こされることがあります。食後低血圧は、摂取した食物の消化吸収のために、消化器官へ血を集める人体のメカニズムから、食事の直後に起こるとされています。食後低血圧でのめまいは、高血圧のせいではないわけです。構造的には、貧血によるめまいと考えた方がぶなんでしょう。これは、降圧薬の副作用とも言うべき症状になります。高血圧の治療に伴う限定的な症状でもあることから、命には関わらない一時的な低血圧と取れますが、高血圧を患っている人は、こうした症状があることを心に留めておきましょう。