高血圧症から起こる病気

高血圧症から起こる病気

高血圧は、動脈硬化症を引き起こします。この動脈硬化症は、心筋梗塞を始めとする心臓病や、脳出血など、数多くの合併症をもたらすのです。それ以外にも高血圧には実は、心臓病や脳卒中の存在の陰にあって、一般的にあまり知られてはいないのですが、「肝臓(右上腹部にある暗赤色の最大の臓器)」も動脈硬化の影響を大きく受けてしまう臓器の1つになっているのです。「腎臓(脊椎動物の泌尿器官)」における大切な部分は、毛細血管の塊によって構成されているのです。だからこそ、動脈硬化が起こって血液の流れが悪くなってしまうと、腎臓の働きも悪くなってしまうわけです。肝臓の働きが悪くなってしまうと、人工透析を受ける必要がある「腎硬化症(高血圧の影響で腎臓に動脈硬化が起こって小さく硬くなり、腎機能が衰える病気)」もまた、怖い病気の1つになります。脳卒中・動脈瘤・心不全・心臓発作(心筋梗塞)、腎障害などの恐ろしい病気を引き起こすのが、高血圧症なのです。