普段の生活の中で高血圧を予防する3

普段の生活の中で高血圧を予防する3

適度な運動を習慣づけることは、高血圧を予防する上で特に重要なことだとされています。しかしながらも、運動中、特に運動開始時には、血圧が上がることを理解しておきましょう。だからこそ、普段の血圧の管理が悪い人や合併症(1つの病気にかかっている時、それと関連して起こる別の病症)のある人などは、運動が制限されることもあります。運動療法を行う際には、充分に主治医と相談して下さい。さらに、急激な温度差に注意して下さい。急激な温度変化は、血圧の上昇に繋がります。外出や入浴の場合などには、温度差を出来るだけ少なくするように工夫してみましょう。寒いと、血管が収縮(ひきしまって小さくなること)して血圧が上がります。特に冬の血圧管理には、気を配って下さい。また、定期的に血圧測定をして、自分の状態を常に知っておくようにしましょう。既に薬を医師に処方されている場合には、自己判断で服用を中止することだけは、絶対に避けて下さい。